FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

第三回ネタバレ円卓会議/ジョー・ヒル「ホーンズ 角」で遊ぼう!【3/トリビア・音楽編】

さあ、お待ちかねのトリビア編。

その1でも言及しているのだが、この「ホーンズ」。アメリカン・カルチャーに対する知識を持っているかいないかで所謂「読み」に大きな差が出てしまう小説… なんじゃないかしらん。

円卓に集まった猛者たちも口々に「もしかしたら【何か】を知らないがために【何か】が分からないんじゃないか的なぼんやりした恐怖に襲われる」と…

例えば、音楽。

章に「ミックとキースによる福音書」なんて云うタイトルがついている事からも推察される通り、このお話は【ロック】がポイントになっていて、その周辺知識がないとそもそも【そこにくすぐりが隠れている】と云う事すら気づく事がことが出来ない… のだ! だから、オレには全然わかんなかったのだ! (実は、ワタクシ、ポピュラーミュージックに関しての知識がほぼ欠如していて… 知らないものは気づけないし、分からないから伝わらないって云う事が今回凄くよく解ったのでした)

一番驚いたのは、最終章でイグが纏う衣装に関するトリビア。

私が用意した【イグは如何にして赤鬼となりし乎】の3枚目にも描いたんだけれど、イグが路上で調達して身に着けたものとして、ボロい黒のコート、青いレースのスカート、片方だけのソックスが挙げられているんだよね。初読時には、鬼が何でスカート?と云う事に興味が行っていて気にならなかったんだけれど、再読してみて「片方しかない靴下」を一体どうやって身に着けたんだろう? と云う疑問がむくむくと首をもたげて来て…

reddevil03.jpg

付近の記述を追ってみると、イグはスカートを身に着けた後「ソックスはスカートの下に着けた。というのもスカートが短く、人目が気になったからだ。」とある。
片方しかないけれど一応ソックスを足に履いたと云う風に捉えるのが普通だと思うし私も最初はそう思ったのだが…

しかし、待てよ? 「スカートの下に着けた」? 
何で「履いた」じゃない訳? 
それに、「スカートが短く、人目が気になった」って、足に靴下を履いたってスカートが短くて恥ずかしいのを隠す事は出来ないよね?

っつーことは… 局部にソックスを装着???

その発見の驚きがイラストの右下に描いてあるんだけれど、まさに半信半疑。
寧ろ「まさかね? w」っつー気持ちの方が大きかったのだ。

ところが! 
これって、実は【ロック】に絡めたくすぐりだったのだ!
 多分。

何と、【ソックスを局部に装着する】と云うパフォーマンスを、かつて【レッチリ】がステージでやっていた。それを念頭に置いたお遊びじゃないかと思うから、これはユイーちゃんの思った通り、チ○コをソックスで隠したと見るのが妥当… だと、その筋に詳しい猛者が言い放ったのだ!

むむむ! この音楽に疎いわたしでもその存在を知っている【レッド・ホット・チリ・ペッパーズ】がらみのトリビアだったとは!

やるな、ジョー!


そして…
第3章「炎の説教」の最後のシーン【イグとメリンの絡み】に込められたトリビア。
自分の無知をさらけ出すようだけれど、これには全く気づけず、寧ろ、ここって何でこんなヘンな事が書いてあるんだろう… と再読中にも疑問に思ったところなのだ。
もしかしたら、ここは、知っている人に取っては全くトリビアでも何でもない部分かも…

本文475ページ2行目より引用…

「わたしはそうだったと思うの」メリンはいった。「聖書にもそんなことが書いてあったでしょう? 欲しいものが全て手にはいるとはかぎらない、でも何かを本当に必要とすれば、おのずと手にはいるものだ、っていう文句が」
「聖書のどの部分からの引用だい?」イグはメリンにたずねた。「ひょっとして…… <キース・リチャーズによる福音書>か?」 


引用終わり…

この部分、イグの最後の台詞「<キース・リチャーズによる福音書>か?」と云う言葉に全く反応出来なかったのだが… 実は、この直前のメリンの台詞にある、聖書からの引用ってのがミソだった。

曰く、欲しいものが全て手にはいるとはかぎらない、でも何かを本当に必要とすれば、おのずと手にはいるものだ…
これが、【ストーンズ】の楽曲【You can't always get what you want.】をそのまま口にしているのであって、だからこそ、イグは<キース・リチャーズによる福音書>か? だなんて返している訳で…

いや〜、これは、知らんかったし、分からんかった!
でも、きっと、ストーンズに親しんでいる人にだったら、問題にならない明白なくすぐりなんだよな〜。


その他、小さい色々としても…

17ページ/窒息プレイの描写のなかの【松本秀人】への言及とか…(日本のロッカーにも詳しいの?!)

406ページ/テリーの脳内再生場面で、テリーがキース・リチャーズと共演する夢を見ており夢うつつになりながら発する言葉とその後の一連の会話。(以下引用)「この石はなんだ?」リーがいう。「証拠さ」/テリーはひとりうなずき ーーー充分に納得のいく答えに思えるーーー こう答える。「そりゃいい。できることなら、刑務所入りは避けておこうぜ」(引用終わり)
この部分の【石】は原書だと【ロック】(【ストーン】なんじゃないか疑惑があったのだが、そこは穿ち過ぎ…)であり、【キース・リチャーズとロック】そして【証拠】という言葉が象徴的なものとして感じられるとか…

更に!
何と、父君キング御大の向こうを張っての自作との登場人物コラボが隠れているんだよ!

第3章「炎の説教」の中に登場するので、探してみてね!


→ そして、もっとも重大な発見【モールス信号の謎】へと続く



スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2013年07月03日 12:55:51 編集

管理者だけに表示する

た ま む し い ろ

最近の記事

リンク

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。