FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

2010年1月/未読の塔

今年の当初未読の塔をここに記録する。

1)比較的新しく建設された部分を構成する本

新しい未読本


 1 「幼女と煙草」 ブノワ・デュトゥールトゥル
 2 「夜想曲集」 カズオ・イシグロ
 3 「やんごとなき読者」 アラン ベネット
 4 「いつかは死ぬ身」 柴田 元幸(編)
 5 「利己的な遺伝子」 リチャード・ドーキンス
 6 「進化の存在証明」 リチャード・ドーキンス
 7 「喋る馬」 バーナード・マラマッド
 8 「火を熾す」 ジャック・ロンドン
 9 「歌の翼に」 トマス・M・ディッシュ
10 「極北で」 ジョージーナ ハーディング
11 「跳躍者の時空」 フリッツ・ライバー
12 「ギヴァー」 ロイス・ローリー
13 「種の起原/上下」 ダーウィン
14
15 「天来の美酒/消えちゃった」 アルフレッド・エドガー コッパード
16 「やさしい小さな手」 ローレンス・ブロック
17 「拳闘師の休息」 トム・ジョーンズ
18 「バッド・モンキーズ」 マット・ラフ
19 「オノマトペがあるから日本語は楽しい」 小野 正弘


2)大昔に建造された部分を構成する本

古い未読本


20 「壊れやすいもの」 ニール・ゲイマン
→  昨年の唯一の挫折本。 一応最後まで読もうかと…
21 「幽霊コレクター」 ユーディット ヘルマン
→ 一年以上積んでいる。 海外出張にも2?3回持って行ったのに未だに未読の塔に…
22 「すべての終わりの始まり」 キャロル・エムシュウィラー
→ これも、何度か飛行機に乗せた。 漬かり過ぎの漬け物化。
23 「分ける・詰め込む・塗り分ける」 イアン・スチュアート
→ 去年の春頃から読み続けている。 決して挫折本ではなく、難しすぎて読みすすめられないだけ…
24 「緑の家」 M・バルガス・リョサ
→ これは三年もの。 同じ頃に積み始めた「パンタレオン大尉と女たち」を去年読んだので、今年はこれを必ず。
25 「ラスト・オーダー」 グレアム・スウィフト
→ 同居人B氏が翻訳が嫌いと云ったので、読まなかったが、今日、彼が強力に薦めたため。
26 「スミラの雪の感覚」 ペーター・ホゥ
→ これも、大分前から積んでいる。 ノーベル賞作家の作品(そう?)なので検証しようとして幾星霜。
27 「星と呼ばれた少年」 ロディ・ドイル
→ 「バディ・クラーク ははは」を読んで、ちょっと合わないかも… と感じて計敬遠してしまっている。
28 「追憶のハルマゲドン」 カート・ヴォネガット
→ 彼が亡くなった時に、未読のものを数冊購入した最後の生き残り… 彼のエッセイは少しキツい。
29 「ダンシング・ガール」 マーガレット・アトウッド
→ 「侍女の物語」を読んで感銘を受け、漁ったアトウッドの最後の一冊。 でも、徐々に好きじゃなくなって…
30 「チェーホフ・ユーモレスカ」
→ 凄く面白そうなのに、何故か後回しにしてしまう本。 今度こそ!
31 「イラクサ」 アリス・マンロー
→ 読んだのか、読んでいないのかよく解らない! 多分、読んでいない… と思う。
32 「ガラスの宮殿」 アミタヴ・ゴーシュ
→ 3頁くらいは読んだ。 でも、翻訳文が好きになれなくて…
33 「バーチウッド」 ジョン・バンヴィル
→ 一昨年の挫折本。 何となくリズムに乗れないのは何故…(何様!) 
34 「タナーと謎のナチ老人」 ローレンス・ブロック
→ 凄く面白そうだったので購入したのだが、実はシリーズ物… これの前の作品に本屋で出会うのを待っている。


以上、34冊が今年当初のラインナップです。
また、忘れたころに未読の塔を眺めてみたいと思いますので、どうぞご期待ください!(何に?)
スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する

た ま む し い ろ

最近の記事

リンク

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。