FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

2010003/夜がはじまるとき(ネタバレ)

■2010003
■夜がはじまるとき
 著 スティーヴン・キング
 訳 白石 朗ほか
■文春文庫
■****

夜がはじまるとき (文春文庫)夜がはじまるとき (文春文庫)
(2010/01/08)
スティーヴン キング

商品詳細を見る


---

キングの最新短編集。
分冊での出版だったので、既出の「夕暮れを過ぎて」(7編収録)と、この「夜がはじまるとき」(6編収録)を合わせて漸く完結… ということになる。 待ち遠しかったね。

最初(あ、最初じゃないか?)は「N」。
これは、ラブクラフトの「クトゥルー神話」を背景とした作品… らしい。 「らしい」というのは、私が個人的に、クトゥルー神話関連のものを意識して読んだ事がないからなんだけれど、お話としては、特にクトゥルー神話について知識がなくても理解出来るので問題はない… と思うのであった。 往復書簡や新聞記事の記録、Eメールの抜粋などで構成された、最初の犠牲者から連綿と繋がる得体の知れないものを阻止する役目を果たさなければならなくる人々のお話。 誰かの「記憶」が「情報」によって伝播し実際の「行動」に移ってゆく様が何ともリアル。

しかし… ラブクラフト関連には詳しくないんだけれど、何で「クトゥルー」って云う言葉で統一しないの?

読んだ事はなくても、ホラージャンルに興味が有れば誰でも(私も含めて)、ラブクラフトの「ク・リトルリトル」&「クトゥルー」という一連の思想(?)について、名前だけは知っている筈だと思うんですよね。 そんで、その色々訳されている言葉が、人間には発音出来ない言葉だってことも一応知識としてはあるんです。 でもですよ。 ラブクラフトが書いた「クトゥルー」の綴りっていつも同じなんじゃないのかな?? って思うんです。 同じですよね? だったら、「読めない」ってのは解りますけど、便宜上、「ク・リトルリトル」か「クトゥルー」かに統一したら良いんじゃないかと思うんです。 だって、混乱するじゃないですか、新しく読もうと思う同胞が! 
勿論! 国書が提唱する「ク・リトルリトル」と創元が提唱する「クトゥルー」(そう? 間違っていたら指摘して下さいませ)は、既にもう長年の敵対関係(?)にあるわけで、それを統一しろとは云わないけれど、後発の場合はその限りではないのではないでしょうか? 

だから、この場合も、いきなり「くとぅん」なんていう新語(?)を作るのではなく、素直に「クトゥルー」賭したら良かったのではないか… そんな風に思うのであります。 

如何でしょう?

 この件に関しては、その後、色々とご教示いただき、自分の浅はかさに驚きました。
 その顛末はこちら…


次が「魔性の猫」。
これは、アンソロジーで既読。
映像化されたものは観た事がないので、観てみたいような… そうでもないような。
こう云う、一寸、派手系の華のある短編って、昔のキングの短編を彷彿とするので、好みです。 ああ、このお話自体が、大分以前に書かれたものだから、か。 うん、そうだ。

そして、「ニューヨークタイムズを特別割引価格で」。
これは、哀切極まりないですね。 もう二度と彼から電話がかかってくる事はないんでしょうか… 
凄く短いお話ですが、記憶に残ると思います。
先に出ている「夕暮れを過ぎて」に収録されている「ウィラ」に似た余韻が残ります。

4番目に「聾唖者」。
教会に告解に来た男が語る、あるヒッチハイカーとの旅の顛末とその所行。
このお話に出てくる3人=男、ヒッチハイカー、神父様のそれぞれが、それぞれに正直で感謝の気持ちを忘れていないところがとても良かった… 復讐を遂げてくれたこのヒッチハイカーはもしかしたら因果応報の神様だったのかもしれません。 

5番目は、この本の中でのお気に入り「アヤーナ」。
こう云う宿命を負わされた人は凄く不幸だと思いますが、このお話では、最終的には解放されるので…  
例えば、私がキング作品の中で実は一番怖い作品なんじゃないか… と密かに思っている「グリーン・マイル」のように、愛する人が死ぬのを目の当たりにしながらいつまでも生き長らえなければならなかったり、他の人を癒さなければならなかったり、というのは究極の責め苦じゃないかと。 

最後に… 問題の「どんづまりの窮地」。 大幅にネタバレします。

これはね… 駄目でしょ。(あくまでも、私見)
もしかして、キングったら、汲取式の便所に入った事が無いんじゃないのか? と疑いました。

雪隠詰めの恐怖が全然、全く、真に迫ってこない…
こう云うことって、キングの紡ぐお話の中では珍しい! 畳み掛ける筆致で現実感と非現実感をないまぜにするのがキングの真骨頂なのに!

そもそも、排泄物にまみれる恐怖って、その臭気もですが、寧ろ「汚さ」に有るんじゃないでしょうか? 「汚さ」に依って、感染症や中毒や、命に関わる不具合が生じる事こそが「恐怖」なのでは?
それなのにこの小説の中では、工事現場の簡易トイレに閉じ込められた人物が、「汚さ」に対して「恐怖」を感じていないんだもん! 臭くて、暑くて、嘗てトイレットペーパーだったものがこびり付いているのが見えて、そして? 何で、そんな汚穢の中で、自分の身体に傷を付けるような行為をして平気なの? 蟲は? ゴキブリが一匹いるだけ? 身体に付着した汚物が乾いたら? 身体が痒くなったりしないの? 感染症は? 心配じゃないの?

そう云う事を想像させるような一文があって然るべき! だと思うんだけれど。

それに、脱出してからも…

特に綺麗にする努力をした後でもないのに、冷蔵庫の水をぐびぐびと飲み干したり!
→うわあ! そんなことするなよ、汚物も一緒に飲んじゃうぞ! お腹がぴーぴーになるぞ!

汚れた身体にそのまま纏った(そうだよね?)オーバーオールを、雨のシャワーで洗い流した後もまた再び着用したり、その上、ホットタブに入った後もまた! 
→うわあ! 折角(少しだけでも)綺麗になったのに、その糞まみれになった服をまた着るんかい!
 しかも、「気に入ったから着ちゃおう」とは何事だ!

お手伝いの女性が何で、異臭に気付かないんだ!
→汚穢の中に数十時間(?)いたら、そんなに簡単に臭いは消えないぞ!

それとも、欧米の人って、汚物に対して免疫がある(=汚いものだと思っていない?)のかな?
不潔な環境のなかで起こったペスト禍で苦しんだ過去だってあるのに?


とにもかくにも、そう云う細かい事が気になっちゃって、楽しく読めませんでした…

ねえ、スティーヴン…
あなた、ホントに、汲取式のトイレに入った事ないんでしょ。
わたしなんて、中学の頃まで、家のトイレが汲取式だったのよ… その臭いったら…
それを汲み取る時の、目にしみるような臭気ときたら…

あ、あ、あ、あなたの書いたこのお話… 
こ、こんなのは、う、う、嘘よ?!

ユイーは、そう云い捨てて、走り去るのであった。

スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する

た ま む し い ろ

最近の記事

リンク

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。