FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ふえる3/心から愛するただひとりの人

■不始末の始末

あはは、これは良い!

コワい女性のお話群から、冴えない男が一矢報いるお話へ。

所で、ゴルフってそんなに面白いものなん?


第三部/わたしの産んだ子がボルチモアの街を歩く


■お茶の子さいさい

この題名はいただけない。
原題は「Easy as A-B-C」なんだけど、確かに「お茶の子さいさい」だけれど、何だか和風な印象でアメリカっぽくないんだもん、だって。「とっても、簡単」とか「お手のもの」とか、他に幾らでも選択肢があると思うけど。

スタンダードな壁に塗り込めるお話。 因果応報的な湿っぽさがないのが良い。


■ブラックアイドスーザン

素敵な花だよね、ブラックアイドスーザン。
この短編集の中で一番気に入った作品。 お祭り騒ぎの中で、少年に鮮やかな印象を残した「ブラックアイドスーザン」のように凛とした女性とその所行。
物語の背景のリアルさと、意外性とのコントラストで、心に残る。

■ロパ・ビエハ

作者の長編に欠かせないキャラクターの女探偵テス・モナハンが登場。 …つっても、読んだことはないんだが。

ロパ・ビエハとは、キューバ料理の1レシピらしい。 ボルチモアを舞台にした、野球絡みの事件。 爽やかなラストで後味の宜しい一編。

このお話のモチーフになっている現実の野球選手を使って架空のチームを組み勝負するという「ロート」っつうゲームが今ひとつピンと来ないが… 賭事なのかな? アメリカでは誰もが知っているものなのかな?


■靴磨き屋の後悔

これも、テス・モナハンもの。
靴磨き屋とすかした男との些細なことで起こった喧嘩の仲裁に入ったモナハンは、靴磨き屋の複雑な人生を垣間見ることに…

小説の中の「人生は小説より奇なり」。


■偶然の探偵

ボルチモアにはアン・タイラーが住んでいるらしい。
このタイトルはアンの「偶然の旅行者」をもじったものなのらしい。

ボルチモアの探偵テス・モナハンの来し方を綴る、ちょっと洒落たインタビュー形式のお話。

テスに興味が沸いてきたなぁ…


第四部 女を怒らせると


■女を怒らせると

表題作「心から愛するただひとりのひと」の主役エロイーズの腹違いの妹ミーガンのお話。

達観と自制心を以て「心から愛するひと」に尽くすエロイーズに対して、足りないものを探さずにはいられない可哀想なミーガン…

策を弄して、柵を断ち切り大金を手にしても尚、彼女の心の空洞は埋まらないんだろうなぁ。
足るを知るのが人生を幸せにするコツだね。


以上、読了。
スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する

た ま む し い ろ

最近の記事

リンク

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。