FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

クリスマスには、クリスティを…

晩年のクリスティは、一年に一作、クリスマスの時期に作品を発表するのが常だった。
ファンにとっては、文字通りのクリスマスプレゼントだった… という陳腐な文句はさておいて。

本日、軽くネットで遊んでいてこんな嬉しいニュースを見つけた。
奇しくも、クリスマスシーズン… 流石は、クリスティ。 
天国からのプレゼントなのか、死して尚、根っからのエンターテナーなんだね。

以下、読売オンラインのニュースから抜粋。

---
名探偵ポアロ、未発表短編あった…来春刊行へ

 シャーロック・ホームズと並ぶ世界的名探偵、エルキュール・ポアロが活躍するアガサ・クリスティ(1890?1976年)の未発表短編2編が見つかり、来年春、早川書房から翻訳刊行されることになった。

 見つかったのはクリスティが家族と住んだ英国南西部の邸宅グリーンウェイ・ハウス。遺品を管理していた娘が2004年に死んだ後、クリスティ研究家、ジョン・カラン氏が73冊の創作ノートを発見。その中に短編2編が含まれていた。このうち、「ケルベロスの捕獲」は『ヘラクレスの冒険』(1947年)収録の同名の短編の原型、「犬のボール事件」は、長編『もの言えぬ証人』(37年)の習作とみられるという。

 今年秋、このノートと短編を紹介するカラン著の「アガサ・クリスティの秘密ノート」が英国で刊行され、早川書房が翻訳権を取得した。同社では、「死後30年以上たって、未発表作を読むことができるのは、ファンへの朗報」と話す。

 世界で5億冊以上の本を売ったクリスティはミステリーの女王と言われる。

---

ニュースによると、見つかった短編っていうのは、既に出版されているものの習作か原型といったものらしいのが残念である。 でも、数ある短編集のなかでも私の大好きな「ヘラクレスの冒険」の中の、これまたチャーミングなお話(赤毛の派手な女に憧れるポアロ… 「どこに行けば会える?」「地獄へ来て!」「へ?」 うぷぷ)「ケルベロスの捕獲」の原型というのには心惹かれるものがあるし、「もの言えぬ証人」もなかなか面白かったような…(良く覚えていない…)確か、濡れ衣を晴らしてもらった犬が最後にポアロに向かって嬉しそうに「ワン」と吠える… と云ったようなシークエンスがあったな… うん。 そして、今回発見されたこの二作品の共通点は何故か「犬」なんだよね。 

ま、それに関しては、偶然だろうけれど。

クリスティの長編には、短編の下敷きがあるものが多い。 例えば「黄色いアイリス」→「忘られぬ死」とか「コーンウォールの謎の事件」(違うかもミス・マープルものの「火曜クラブ」の中の一編から)→「白昼の悪夢」など… だから、「もの言えぬ証人」に短編の下敷きがあるっていうのも、何か頷ける気がする。

しかし、本当は、未発表作品が読みてー!というよりも、未発表作品の発見に絡むノンフィクション(そう?)「アガサ・クリスティの秘密ノート」のほうが読みたいね。 

来春か… 楽しみに待っている事にしよう。
スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する

た ま む し い ろ

最近の記事

リンク

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。