FC2ブログ

秋だから…/エリンギと栗のご飯

最近、平日の食事はより一層の貧しさを見せている。
 
例えば、代表的な貧しい夕食のメニューは… 「納豆と味噌汁とご飯」であったり「生卵と味噌汁とご飯」であったり「鮭缶と味噌汁とご飯」であったり… と、最早留まる所を知らないのである。
 
家人には申し訳ないけれど、手抜きここに極まれり。
もうね、平日はね、諦めたの。 ごめん。
 
だからと云うわけではないのだけれど、休日にはまともな食事を! っつーのが最近のお約束。
 
今回は、圧力鍋でエリンギと栗の炊き込みご飯を作ってみた。
 
これは、同居人のハスヨスさんからのリクエストで、私のテキトーなレシピではなく料理研究家の井上絵美氏のレシピなのである。 れっきとしたお洒落メニューなのである。 いつもならば、自分流に(テキトーに(笑))アレンジしてしまったりするのだが、今回は詳細に至るまで逐一レシピ通りに作ってみた。  

えらい?(当たり前の事を自慢)
 
 
そんでもって、これが完成図。
 
エリンギと栗のご飯

 
あんまり、美味しそうな写真が撮れなかったんだけれど… 

うん、旨かった! 1つだけ難を云うならば、一寸ご飯が固めになってしまった事かな? レシピよりも少し水分を多めにした方が良いかも。 でも、炊き上がりを混ぜ混ぜした時、鍋底から出現したお焦げのそりゃもう美味しそうな事… 色も良いしね。
 
味噌汁はえのき茸。 
炊き込みご飯のときのおかずとして相応しいのは何なのかが今一歩ピンと来なかっただが、色々と考えた末に、結局、豆腐サラダを添えた。 ポン酢をベースに「島辣油」で仕上げたドレッシングで戴く。 
 
ああ、秋だね、秋。


---
【エリンギと栗の炊き込みご飯】
  
*エリンギ/1パック
*栗の甘露煮/適宜
*米/2合
*雑穀/30グラム
*バター/ひとかけ
*日本酒/大さじ2
*醤油/大さじ2
*チキンコンソメスープ/290cc
 
圧力鍋を使用します。
米を研ぎ笊に上げて、雑穀を合わせておきます。
 
1/エリンギを縦に2つに割り、更に1?2ミリにスライス。
2/圧力鍋を熱し、バターでエリンギを色付く程度に炒める。
3/米と雑穀を圧力鍋に加え、チキンスープを注ぐ。
4/日本酒と醤油(ともに大さじ2)を加える。
5/圧力鍋に蓋をし、最大圧力で5分加熱。 自然冷却で圧力を抜く。
6/圧力が抜けたら蓋を開け、2つに割った栗の甘露煮を混ぜ込む。
 
出来上がり。
 
---

実は、多分、誰が作っても同じように美味しいものが出来ると思われるくらいに簡単なのである。
個人的には栗は要らんかも。
 
お薦め。
スポンサーサイト



コメント
納豆味噌汁…
 姐さんそら朝食の献立でんがな!
そんぴ URL 2007年10月23日 00:42:09 編集
そうなん…
朝食はしっかり摂りましょう! 例えば、夜、ゆっくりと。
ユイー URL 2007年10月23日 11:59:02 編集

管理者だけに表示する

た ま む し い ろ

最近の記事

リンク

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード