FC2ブログ

鬼門? カルボナーラの作り方

家に帰り、さて、何を作るかと考える。
丁度、同居人も帰宅。

なにを喰う? う?ん? 
どうしよう? 牛乳はある?
うん、ある。 ベーコンはある? 
うん、ある。 卵はある? 
うん、ある。 チーズは? 
うん、ある。 んじゃ、あれ。

え? あれとはまざかもしかしてあれ? そう、あれ。

ううう… オレが一番苦手とする「カルボナーラ」か…

材料を混ぜただけのソースをスパゲティに絡めるだけのカルボナーラは簡単なようであって簡単ではない、わたしにとっては、まざに「鬼門」にあたる料理なのである。 

卵がもろもろ、ソースのとろみなし、味が単調、良い所なし。

しかし、まあ、手順を忘れないようにする為にも、ここは久し振りに挑戦するのみ。

---
1/ベーコンを太めの拍子切りにする。
2/ベーコンを直接鍋に入れて焦げ付くまで放置する。 
  その間、決していじってはいけない!
3/ベーコンが焦げるのを待つ間に、スパゲティの準備。 勿論、圧力鍋で。

そして、ソースの準備。

4/牛乳、生クリーム、パルメザンチーズ&エダムチーズなど、全卵… を用意。
5/材料を全て混ぜ混ぜ。 むらなく綺麗になるまで混ぜる。

更に、ベーコンの処理。

6/鍋に焦げ付いたベーコンの香ばしい香りを、ある液体で溶かす。

いよいよ佳境。

7/茹で上がったスパゲティを余り水を切らずにベーコンの鍋に入れる。 
8/水分が無くなり、スパゲティの表面が乾き気味になるまで激しく混ぜながら火を入れる。
9/水分が充分に無くなったら、事前に用意していたソースを一気に投入。 
10/少し時間を掛けてとろみがつくまで加熱する。 混ぜる手を止めてはいけない。


最後に、お皿に取り分けて、鍋に残ったソースとベーコンををヘラで刮げとってスパゲティの上に飾り、そこに黒胡椒をたっぷり掛けて出来上がり。


むむむ? 今回は結構旨く出来たかも?
生クリームが用意出来なかったし、分量も目見当(!)なのに。

ところで、ベーコンを美味しくする「ある液体」については言及を差し控えさせて頂く。
折角の隠し味なので、出し惜しみ。

ソースの分量だが… テキトーで構わないと思うけれど、一応目安としては…
一人前で、牛乳50ccと生クリーム50ccの1対1の割合で混ぜ、チーズは大さじで山盛り2杯程度。 チーズは違った種類を混ぜると深みが出る。 それから、卵は卵黄のみでも良いけれど個人的には全卵を使った方がさっぱりしているので好きである。 しかし、全卵でソースを作ると過熱時にもろもろになってしまう失敗が多くなるので注意が必要である。 
スポンサーサイト



コメント
バイコンがすげえなと思いました。
このバイコンは売れる!
ハスヨス URL 2007年03月01日 23:19:33 編集

管理者だけに表示する

た ま む し い ろ

最近の記事

リンク

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード