FC2ブログ

17/在原業平 ちはやぶる

千早ぶる 神代も聞かず 龍田川
からくれないに 水くくるとは

---

様々に不思議な事があったという神代の昔でさえ、こんなことはなかったはず!
龍田川が、紅葉の紅色で、こんな風に水をくくり染めにしているなんて!

---

有名な落語「千早ぶる」の元(?)となった和歌ですね。
あの落語の所為で、この歌を失念する事は絶対にない! と断言出来るほどですが、実際の歌の方も、ビジュアルに訴えかける良い感じの歌です。

冒頭の「千早ぶる」というのは、「神」に掛かる枕詞です。
神代とは、大昔の神々の時代、程の意味で、神々の手によって不思議な出来事が様々に起こっていた太古の昔にも、こんな事が起こったなんて聞いた事も無い! というかなり大袈裟… っつーか、ダイナミックな表現がされています。
この時に龍田川は、紅葉の落ち葉で埋め尽くされて、さぞや、真っ赤に染まっていたんでしょうね?。 からくれないとは、中国=唐(から)の紅という事で、非常に鮮やかでエキゾチックな色のことを表していると思われます。 「水くくる」というのは、一見「?」な言葉なんですけれど、水を「くくり染め」=「絞り染め」にしている… という意味なのだそうな。 龍田川を彩る真っ赤な紅葉を、まるで川を絞り染めにしたような… と比喩している訳です。
龍田川は、紅葉の名所で知られる、奈良県斑鳩町にある龍田山のほとりに流れている川だそうです。

因みに、落語「千早ぶる」についてはこちらまで…   
スポンサーサイト
 | HOME | OLD »»

た ま む し い ろ

最近の記事

リンク

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード