FC2ブログ

石油消滅

もうお布団に入っているの。 でも、まだおねむじゃないから、手持ち無沙汰で、何か書いてみようかなぁ、と思ったんだけど、灯りが消えていて… だから、暗くて作者が分かんないよ。

B氏が面白ぇって云うので、軽い気持ちで読み始めたら、そのまま読み終わってしまったん。 石油を喰っちゃうバクテリアが蔓延して、パニックになる人々のエピソードとそれを阻止しようと孤軍奮闘する疫病阻止のスペシャリストとちょっとヤバめの殺し屋の暗躍とが入り乱れてのエンターテインメントで、内容的には説教臭くなりがちなテーマ(エコロジー的に?)かな? とも思えるんだけれど、そっちには傾かずに、楽しく読める一冊に仕上がっていて好感が持てる。

そう云えば、最近読んだ「白の闇」と似た展開かも。 あちらは、とんでもない状況に巻き込まれてしまった人々の行動… 対処の仕様もない、どうする術も持たない悲劇 …を追ったもので、かなり重苦しい問題作(?)だけれど、こちらは、基本的に状況を打開しようとする側の視点からの展開なので、辛気くさくなく、スピード感もあり、軽く楽しく読めるのがいい。 それに、タイムリーで社会性も感じられるし。

それと、個人的には、主人公と殺し屋が共通して、それぞれが拠り所とする「心の師」との「心の対話」を以て闘いに挑んでいるのが良かった。 

しかしながら、このタイトルは如何なものか? もう少しセンスのある翻訳が出来なかったのかなあ… まあ、暗くて原題は確認出来ないんだけれど。(笑?)
スポンサーサイト
 | HOME | OLD »»

た ま む し い ろ

最近の記事

リンク

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード