FC2ブログ

にちにちのきろく/058

2月27日/%90%B0%82%EA5/ぽかぽか陽気

---
1・ルーティンの不思議
毎朝、多少の寝坊などの突発事態(毎日の場合は突発事態とは云わない)が起こったとしても、不思議とそれ程には家を出る時間が遅くなったりはしないものなのだ。 色々と端折ったり急いだりして努力するため、結果的には早い場合と遅い場合では通常の場合、せいぜい5分程のぶれがあるだけなのである。 つまりは、余程の事がない限り、基本的に「同じ電車」に乗る事になる。 勿論、先方の都合で「同じ電車」に乗れない事もあるのだけれど、少なくとも、時刻という点に関して云うと「同じ電車」だと云って良いのではなかろうか。

この様に、勤め人と云うものは大概、一日のリズムが出来上がっていて、特に、一日の始まりである所の朝のタイムスケジュールは… その日の突発的な出来事からの影響に於いてほぼフリーである事を考えても …最も決まりきったものであるとして間違いないである。

そして、毎日、同じ駅で殆ど同じ時刻に電車に乗るだけではなく、電車に乗り込む位置も同じになる傾向にある事は容易に想像出来るのである。 何故ならば、乗り込んだ後(比較的空いている等)や降りた後にその人の観点で便利になる位置に乗り込む(出口に近い/階段に近い/乗り換え口に近い/人が少なくて歩き易い等)ことがどんな人にとっても極めて普通の思考回路だからである。 斯く云うわたしも、毎日毎朝同じ時刻に来る電車の同じ位置から電車に乗り込むのが常なのである。

しかし…

毎朝、同じ時刻にある特定の場所で電車に乗るのを待つ人々の中に知った顔が滅多にいないのは何故なのだろうか?

実に不思議なのである。

---
2・時ならぬ?
時ならぬぽかぽか陽気… と思ったが、もう2月も終わり。

もう春… なのである。

---
3・予定は未定
1700に大切な会議が入った。
会議が入ったのは本日の1030頃。
1700にはメーカーの営業氏とのアポイントメントが入れていたので、急いで予定を変更。
既に会社を出ており、やっと捕まえた営業氏に事情を説明。 
取り敢えず時間は変更不能との事で、事務の人に言付けてくれるように手配する。
ところが1600を過ぎたころ、一番重要な出席者が1800以降でないと… と。

えええ?(でも、偉い人には敵わないから…)

1700ちょい前に件の営業氏が現れ、ばつの悪い思いをする。(あの… 会議じゃなかったんですか?)
1800になり、会議のセッティングをはじめると、またしても、えらい人から別の突発アポを優先するから少し待てとの連絡が。

そのまま待機する事一時間以上。

1940。 

このまま待っていても恐らく今日はもう会議は成立すまい…
待っていて「結局、待ちぼうけ」と云うのはあまりにも悔しいので、万が一の為に担当者(?)一人を残して帰宅する事に。

時間は守ろう!
時間が大切なのは偉い人だけじゃないぞ!
寧ろ、家庭の切り盛りをしている主婦こそ、時間が一番大切なんだぞ!
そーゆーことが分かんないようだと、本当の意味で女性を有効に活用する事は出来ないぞ!

---
家に帰ると、昨夜、ハスヨスさんの実家から届いたお魚(金目鯛の粕漬け)が焼いてあり、お味噌汁が用意してあり、ご飯が盛ってあった。 んまいんまい。 むぐむぐ。 

ありがとうありがとう!
スポンサーサイト



 | HOME | OLD »»

た ま む し い ろ

最近の記事

リンク

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード