FC2ブログ

2005/上半期ベスト

記憶が既に定かではないので、記録を見乍ら上半期ベストテンを挙げてみる。

まず、読んだ当時の評価が星五つのものは…

「K-パックス」/ジーン・ブルーワー
「夜明けのロボット」/アイザック・アシモフ
「彼方なる歌に耳を澄ませよ」/アリステア・マクラウド
「海は僕を見つめた」/スティーヴン・ラリー・バイラー
「アンジェラの灰」/フランク・マコート
「アンジェラの祈り」/   〃
「ティモレオン」/ダン・ローズ
「コンスエラ」/   〃
「マーティン・ドレスラーの夢」/スティーヴン・ミルハウザー
「巡礼者たち」/エリザベス・ギルバート
「夜のフロスト」/RDウィングフィールド
「最後の一壜」/スタンリィ・エリン
「幻の下宿人」/ローラン・トポール

どれも面白かったな… 他にも、「文学刑事サーズデイ・ネクスト」シリーズの二冊も面白かったし、「ケルベロス第五の首」にも深く考えさせられたし、今年の上半期もかなり収穫は多かった!

しかし、数えてみると、う?ん… 13作品…

削るとしたら…

やはり、アンジェラシリーズの「?祈り」の方は、「?灰」に比べたらちょいとばかり落ちるから… ここは「?祈り」はごめんなさい… かな。
んで…

久し振りに読んで感動した「夜明けのロボット」は外せないし…
マクラウド渾身の長編「彼方なる歌に耳を澄ませよ」も外せないし…
哀愁と狂気の「ティモレオン」「コンスエラ」は勿論外せないし…
ささやかなんだけれど美しい「巡礼者たち」も外せないし…
スタンリィ・エリンの珠玉の短編集「最後の一壜」も外せないし…
あまりの恐ろしさに気分が悪くなった「幻の下宿人」も外せないし…

ブルーワー「Kパックス」
ラリー・バイラー「海は僕を見つめた」
ミルハウザー「マーティン・ドレスラーの夢」
ウィングフィールド「夜のフロスト」

…の中から、二冊を選ぶとしたら…

作家として個人的にあまり好まないミルハウザーの「マーティン?」はよく考えてみるとベストテンには入らないかな… 後はバイラーの「海?」もそれ程でもないかも…

という訳で。

1/ティモレオン
2/アンジェラの灰
3/巡礼者たち*
4/コンスエラ*
5/最後の一壜*
6/夜明けのロボット
7/彼方なる歌に耳を澄ませよ
8/幻の下宿人*
9/夜のフロスト
10/Kパックス

こうして見ると、短編集が多いかも。(*印)
もともと短編が好きだからかな… 
それに、懐かしの作品が多いかも。
「Kパックス」とか「夜明けのロボット」とか「最後の一壜」とか…

あ! よく見たら5?6月に読了している作品を集計するのを忘れちゃってる!

面倒臭いから、下半期に押し付けようっと。(笑)
スポンサーサイト



 | HOME | OLD »»

た ま む し い ろ

最近の記事

リンク

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード