FC2ブログ

2003/年間ベスト10

2003年の記録。

この年のベスト10の中で、唯一内容が全く思い出せないものが… 

え?
それって、じゃあ、ベストでもなんでもないのでは?(笑)

これまで、振り返って来た2001年からのベスト10はどれもこれもはっきりと脳裏に思い浮かべることが出来るものばかりなのに… ああ、それなのに。

さあ、その本は一体どれでしょう?


以下、2003年のベスト10。
---
新年明けた所で… 2003年 ベストテン発表!

今年はとにかく読了数が少なく、当初の目標100冊もクリア出来ませ
んでした。 多分、80作90冊くらいかな… その中で、ベストテン
を選ぶのは如何かなぁ? と思ったのですが、読了報告を調べてみると
星五つ以上が結構存在していたりしますので、まあ、いいかな… と。


 1位/青ひげ カート・ヴォネガット
 2位/第二の銃声 アントニー・バークリー
 3位/紙葉の家 マーク・Z・ダニエレブスキー
 4位/香水 パトリック・ジュースキント
 5位/航路 コニィ・ウィリス
 6位/パヴァーヌ キース・ロバーツ
 7位/中二階 ニコルソン・ベイカー
 8位/モーガンさんの街角 アン・タイラー
 9位/宇宙消失 グレッグ・イーガン
10位/ラヴリーボーン アリス・シーボルト

次点の羅列/ステラの遺産(ヴァイン)母なる夜(ヴォネガット)試行錯誤・ロジャーシュリンガムとヴェインの謎(バークリー)侍女の物語(ナントカカントカ)裸の太陽(アシモフ)ドゥームズデイブック(コニー)室温・フェルマータ(ベイカー)存在の耐えられない軽さ(クンデラ)コレクションズ(ナントカカントカ)魔性の馬(テイ)…

あ、それから! …ドリームキャッチャー(キング)


---
う?ん、こうしてみると、一年間の実りは大きかったようです。


---
ここより、2006年7月12日。

さて、所で…

思い出せないのは何かと云いますと。

第9位のイーガン「宇宙消失」でした。
多分、人間が居ない場所では時間は流れない… っぽい話だったのでは?
否、それは、バリントン・ベイリー「時間衝突」?

スポンサーサイト



 | HOME | 

た ま む し い ろ

最近の記事

リンク

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード